払いすぎた利息やお金は誰でも返してもらえる権利があるので安心してご相談ください。

過払い返還請求と多重債務問題

 

借金

借金をしてしまったのは何故なのか。

 

人生というのはいろいろな分岐点があると思います。

 

その都度自分で判断して決めてきた道でも、後になって後悔してしまう
そんな事も沢山あるはずですが、やり直せない事なんてありません。

 

自分の置かれている状況を把握し、法律を学んでいれば問題も解決できます。

 

最近は債務整理を押している弁護士事務所が多いですが、それと比例して相談者が増えているのが事実です。

 

これまで、消費者金融でお金を借りた分の返済も法の改正で払いすぎていた、というような状況にもなっているので、今一度借りていた金額を把握し、相談することで良き解決法となります。

 

また、

一つの金融機関からの返済をする為にその他の金融機関に借金をするそれを繰り返す事で自分の首をしめていませんか。

 

複数の消費者金融からお金を借りる事で何処の会社にどれだけ借りていていくら返済すればいいのか、そんな多重債務に関してもご相談下さい。

 

多重債務はほとんどの方が返済不能になり、身内に借りるか、また違う消費者金融から借りてしまうかの繰り返しで、そんな生活が嫌になり不幸な結果を招いてしまうことにもなりかねません。

 

しかし、借金してしまったを消す事は出来ません。
ですが、起きてしまった事を正す事、元に戻す方法はいくつかあります。
先ずはお気軽にお問合せ下さい。

 

一人で悩んでいいても何の解決にもなりません。
→まずはプロに相談することから始めましょう。

 

大阪にお住まいの方におすすめ!【大阪で任意整理をするならウォーリア法務事務所】

 

 

過払い請求

最近、この様な広告等を目にする機会は増えているとは思いますが、何から手を付けたらいいのか悩んでしまうと思います。

 

過払い請求をしたら、終了という訳ではありません。
その後も沢山の問題や、解らない事が出てくるはずですので一人で解決しようとせず、誰かに相談してください。

 

 

どの様に解決していくのか

先ずは債務整理を行っている法律事務所などに【お電話、メール】にてご自分のお悩みをご相談下さい。
 ↓↓↓
無料相談、その際に手段や方法、費用等の説明がされます。
 ↓↓↓
書類等を確認させて頂き過払い金の有無、金額の確認等を行います。
 ↓↓↓
貸金業者へ過払い金返還の請求を行います。
 ↓↓↓
貸金業者と返還が成立しない場合には訴訟等の相談をします。

 

返還請求後でも、すぐに返金されるわけではなく、日数がかかる事もあります。
その間のご心配な点等がございましたら気軽に相談してみましょう。

 

→過払い請求だけじゃない債務整理の選択肢

 

 

 

 

過払い返還請求を容認する背景がありました。

 

イメージ先行の業界への見方

過払い返還請求は1954年の利息制限法制定当時から長年にわたり、立法による解決と司法による実質的な空文化が繰り返されてきた問題です。

 

司法が「経済的弱者の保護」の徹底を目的として、法を厳格に解釈することによって空文化しようとする動機となっているのは、まぎれもなく「貸金業者=悪」の構図があるからです。

 

貸金業のすべてが優良な業者であると言い切ることができません。

 

歴史的に見ても、1970年代にいわゆる「サラ金問題」が起きたときは、法的な規制がなく行政の監督が緩やかであったせいもあり、暴力団がらみの業者が混在してしまいました。

 

1983年の規制法施行前は、業者は20万件にも上がるといわれていましたが、その中にはおそらく相当怪しいと思われる会社も含まれていました。

 

その証拠に、規制法が施行されるや、登録業者数は4万件にしかならずこの時に作られた「サラ金=悪」のイメージは現在まで引きずっており、何か問題が起これば全業者が同様に悪いことをしているのだと見られる傾向が強かったのです。

 

金融業のイメージは現在でもあまりよく思われていませんが、法改正後、現在、返済義務のある方でも現状を把握できていない方もいるかと思います。

 

先ずは相談して頂ければ悪状況となっている現状を打破できる事もございます。

 

 

 

ヤミ金融で借金をしてしまった

その後に発生した「ヤミ金融問題」では、ヤミ金融の撲滅は業界自身の願いでもありながら、ヤミ金融と通常の業者の区別ができない状態が生まれてしまい、むしろヤミ金融と通常の業者の区別ができない状態が生まれてしまい、むしろヤミ金融問題を貸金業の問題として捉える傾向がありました。

 

2000年6月に出資法上限金利が29.2%に引き上げられたあとに、ヤミ金融の増加が始まり、その被害も表面化しました。

 

このときのヤミ金融は、無登録の文字通りの「ヤミ」だけでなく、違法行為を行うことを目的としながら、広告などで集客するときに信用させるために登録を行う「登録違法業者」が増えた

 

本来ならば、上限金利の引き上げや行為規制強化により貸金業登録業者は減少するはずだが、このとき東京都登録業者が異常な増加をしたため、全体ではあまり減少したように見えていない。

 

この増加した登録業者の多くが違法目的で、やっている内容は「ヤミ金融」と同じでした。

 

そのため、こうした業者が摘発されても、「高金利など違法行為により貸金業者が摘発された」と報道されてしまうため、通常の貸金業者が違法行為を行っているように受け止められてしまうのです。

 

 

しかも、そのヤミ金融問題の後遺症は未だに残っています。

ヤミ金融が社会問題化したことで2003年にヤミ金融対策を目的とした法改正が行われ2004年1月に施行したため、その後は登録違法業者が多かった東京都が検査や処分に力を入れて相当数が減少したものの、完全に一掃されたわけではない。

 

また、2006年の法改正においても、その直前に「駆け込み」と思えるような登録があり、これらの業者の中に違法行為を目的としていたものが混ざっていたことは、その後東京都による処分事例を見ても明らかです。

 

ヤミ金融で借金をしてしまい、首の回らない状況にある。
先ずは相談して頂ければ悪状況となっている現状を打破できる事もございます。

 

 

過払い請求で借金が減った

 

40代・独身・派遣社員

 

債務整理をしたことにより、過払い請求で借金が減りました!
今まで3社の貸金会社から借り入れをしていました。

 

自分が借金してることは誰にも言えず、一人で悩んでいましたが、あるとき、同僚も借金をしていたことが判明。
仲間意識からか、自分の借金の話もしていたら、同僚に「もしかしたら過払い請求でお金を取り戻すことが出来るかも」といわれ、少しの望みをもって法律事務所に行きました。

 

今までのことを話してみたら、「その状況なら過払い請求できる」との事。

 

まさか、多く払いすぎていたなんて思ってもみなかったのでビックリでした。
実際に戻ってきたお金で2社は完済、残り1社も毎月少しの返済でよくなりました。
こんな仕組みがあったなんて…

 

ずっと知らなかったら損をするところでした。教えてくれた同僚に感謝です!

 

「債務整理」とは、過払い金を請求することを始めとし、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産と多岐にわたります。

 

自分がどのような解決を望んでいるのか、どの方法が最も最適なのかは個人によって異なります。
まずは専門家に相談をしつつ、自らも債務整理について学んでいく必要があります。