弁護士費用は明瞭会計の弁護士の選択で不安解消

最終的な費用

 

過払い金の請求をするにあたって、最終的な費用はどれくらいになるでしょうか?

 

実費

 

 

まず知っておきたいところとしては、

  • 『着手金』
  • 『報奨金』
  • 『実費』

です。

 

着手金は、弁護士や司法書士がその事件に着手する際に発生するものです。

この着手金を請求しない事務所もありますが、大半の場合で発生するものと考えてよいでしょう。

 

 

続いて報奨金ですが、これは基本報奨金と成果報奨金があります。

基本報奨金は、その弁護士・司法書士が実際に行動することに対しての請求です。
成果報奨金とは、その名の通り成果により発生する報奨金です。
また、過払い金が返還された場合には、そこからパーセンテージで請求されます。

 

 

最後に実費ですが、書類の郵送などにかかる実費となります。

この費用と、変換される過払い金は、よく計算して損がないようにしなくてはなりません。
もちろん、明瞭会計で信用できる弁護士に頼むべきです。

 

過払い金が返還される金額が大きければ大きいほどに、成果となる報奨金も変わってきますから、なるべくパーセンテージの少ない事務所を選ぶべきだと言えます。

 

それでも借金が0になったり、何百万円も返ってくる人もいるのですから、やはり前向きに考えていきたいものです。

 

そのほか債務整理の費用も、この基本報奨金が上がったものと捉えてよいでしょう。

 

→まずはプロに相談をしてみてください