ブラックリストに載る可能性があるのは、現在も借金を返済中である場合です。

過払い金請求のデメリット

 

借金に必ず付いてくる金利。

 

実は2010年以前には「利息制限法」と「出資法」の上限が異なっていた為、その金利差の「グレーゾーン金利」を取り戻す事が出来る「過払い金請求」をする人たちが多くなりました。

 

過払い金請求には、「過払い金」を取り戻すことができるメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。

 

過払い金請求を行ううえでのデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

ブラックリストに載る可能性がある

ブラックリストに載る可能性があるのは、「現在も借金を返済中である」場合で、借金を「完済」している状態であれば、ブラックリストには載りません

 

ブラックリストとは、金融業者が閲覧する事が出来る「金融信用情報」に「事故情報」が載る事で、ブラックリスト扱いになってしまうと、新たなローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする事が難しくなります。

 

 

弁護士や司法書士に頼む場合のデメリット

過払い金請求は自分でやる事も可能ですが、ある程度の専門知識が必要ですし、労力もかなり必要になります。

 

そのため、多くの人は弁護士や司法書士などの専門家に依頼をするわけです。

 

しかし、弁護士や司法書士は無償で動いてくれるわけではなく、過払い金請求を行う「着手金」、業務が終了したときの「基本報酬」、過払い金を無事に回収できたときの「成功報酬」などがかかってきます

 

また、弁護士や司法書士によっては悪徳な事務所もあるので、相談時に金額についてきちんと確認しておく事が大切です。

 

 

金融業者が倒産していると過払い金請求が出来ない

金融業者自体が倒産していて存在がなければ、過払い金請求は出来ません。
今は現存している金融業者でもいつ倒産してしまうかわかりません。
過払い金の請求は借金を「完済」してから10年間です。
過払い金があるかもしれない場合は、早めの過払い金請求を行ったほうがよいでしょう。