弁護士と依頼人は「任せる人・任せられる人」ではなく、借金問題解決のためのチームメイトです。

借金の解決法

 

相談先では隠し事をしないようにする

隠し事をすることで解決できたであろう問題が解決できなくなる

 

 

弁護士に相談する時には何に気を付ければいいのか。

 

借金整理の相談ができる所は、沢山ありますが、1人では手に負えなくなったときには弁護士に相談することが一番いい方法といえます。

 

その際にどのような点に注意して相談することが良いのか事前に把握したうえで相談に行って下さい。

 

先ず、相談する前に自分の借金をすべて、できる限り正確に説明できるようにしておかなければなりません。

 

借金を把握できていないと法律事務所を訪ねてもただただ、愚痴を言う!この様な状況になってしまいます。

 

それに借金の状況が正確に解っていないと解決方法も見つからないいう事にもなりかねません。

 

なお、相談にいくときには

①借入先の一覧表
②借金額
③借金をしている方の給与明細
④家計の収入状況

その時点で集められる限りの資料を持っていくといいです。

 

 

 

相談するにあたっては、現在の状況をありのままに話して下さい。

 

借主の中には、自分の収入や、毎月の返済可能額を実際より多めに言ってしまう人もいますが、その説明を信じて弁護士が借金整理に取り掛かってもすぐに行き詰ってしまいます。

 

借金の件数が多くても、必ずありのままをお話し下さい。

 

正直に話すことで借金返済の近道は見えてきます。
また、弁護士には守秘義務もあるので、話しが外部にもれることはありません。

 

債務情報をうまく整理する方法

①サラ金、クレジット会社が発行したカード・契約書・借用書・領収書・督促状、または郵送された一切の書類を出来る限り整理すること。

②借金総額、債権者とその数を把握する
1)いつから借りているか
2)どこから借りているか
3)いくら借りているか
4)現在の残高はいくらか
5)月々の返済額はいくらか

③家族・親戚・知人などから借金も記載する。
負債の中で誰かが連帯保証人、または逆に本人が誰かの連帯保証人となっていれば、連帯保証人としてこれも記載すること。

④担保に入っているものがあるか確認する(不動産等)

⑤経歴・職歴・収入の状況・家族関係・生活費の負担・家賃等も整理する。
(自分の状況等をすべて応えられるような状況にしておく)

 

 

 

弁護士に任せきりにしない

 

依頼人

ある程度、自分なりにどうやって解決したいのかを考えておく必要があります。自分の考えを思い切って弁護士に話すこともいいです。

 

弁護士に頼むからといって何から何まで受け身でいてはいけません。

 

借金問題はどのような状況から始まったにせよ、自分の問題です。

 

弁護士に任せきりにした事で最終的に自分の思っていた結果と異なってしまう事も考えられます。

 

理想的な進め方は、弁護士と十分な信頼関係を持って、しっかり連携していけることです。

 

そうすれば、解決のスピードもあがり弁護士と依頼人は「任せる人・任せられる人」ではなく、借金問題解決のためのチームメイト、の様な考え方がいいです。

 

→まずは気軽な気持ちで相談してみましょう