過払い金が140万円を超えている場合は弁護士に、費用を少しでも抑えたい場合は司法書士が良いと思われます。

借金のこと、どこに相談すればいい?

 

疑問を持つ男性

 

借金を見直して過払い金があったとします。
そんな時、誰に相談すれば適切なアドバイスを貰えるでしょうか?

 

知らないとダラダラと時間だけが過ぎてしまい、良い結果にはならないでしょう。

 

借金のことは、その道の専門家、弁護士司法書士に相談すればいいのです。

 

ちなみに、借金の総額により相談相手が変わります

 

弁護士

弁護士になら金額に関わらず相談が可能ですし、
代理人として賃金業者との交渉や場合によっては訴訟が行えます。

 

司法書士

しかし、司法書士への相談は、
総債権額が140万円以下でなければ対応できませんし、訴訟などは行うことができません。

 

そのため、弁護士の方が確実だと言えますが、
掛かる費用は司法書士の方が安いという特徴があります。

 

総債権額と費用を考えて相談相手を選びましょう。
借金の返済を何年も続けている人は、一度弁護士に相談してみるのも良いでしょう。

 

弁護士などに相談すれば、早い段階で過払い金を回収できますし、
任意整理などを依頼すれば将来の利息をカットできます。

 

過払い金の請求は、正当な権利です。
法律に反した利息を取られるのは間違っているのです。

 

 

 

過払い金が返還される流れ

 

まずは過払い金があるかどうかを確認

 

この過払い金が返還される流れですが、まずは過払い金があるかどうかを確認します。

 

弁護士の人に相談すればすぐに分かりますし、
ネットには自分で過払い金があるかどうかチェックできるものもあります。

 

相談する前に自分でチェックしてみて、過払い金があったら相談するのが良いでしょう。

 

 

 

次に賃金業者へ返還請求

 

次に、賃金業者へ返還請求を行います。

 

弁護士へ相談しているなら代理人として行ってくれますし、もちろん自分でも請求が可能です。
ただし、個人で請求すると不当に低い金額で和解を持ちかけられる可能性が高いです。

 

そのような不当な交渉を了承してしまわないように、専門家の力を借りる方が安全です。

 

 

 

過払い金に応じてもらえなかった場合

 

過払い金に応じてもらえないようなら、裁判所への申立てを行いましょう。

 

過払い金は、法律で返還が認められているものです。
応じない相手には強気で行動してください。

 

これにより過払い金請求の結果が出ます。

 

 

正しく行えば、ほぼ間違いなく全額返還されます。
100万円以上の金額が戻ってくることもあるので、積極的に調べるようにしましょう。